マレーシアにおけるコールドチェーン普及啓発セミナー

  • その他シンポジウム等
  • 国際活動
  • 物流・ロジスティックス

Supported by 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION

主催 国土交通省、マレーシア運輸省、一般財団法人運輸総合研究所
日時 2022/2/7(月)15:00-17:30
テーマ マレーシアにおける日本式コールドチェーン物流規格の普及促進に向けた戦略

開催概要

ASEANをはじめとした新興国では、近年の所得向上に伴う食生活の多様化によりコールドチェーン物流の需要が高まる一方、温度管理が不十分であることによる健康被害や輸送途中での食品廃棄などが課題となっており、現地における低温物流サービスの品質向上が期待されています。
我が国では、令和2年6月に一般財団法人日本規格協会よりBtoB分野のコールドチェーン物流サービス規格(JSA-S1004)が発行されたことを踏まえ、同規格のASEAN地域における普及に向けた取り組みを進めています。
マレーシアは、コールドチェーン物流市場の高まりを背景に、コールドチェーン物流サービスに関する国家規格策定の意向を表明しているほか、JSA-S1004の取得に取り組んでいる現地物流企業も存在しているなど、コールドチェーン物流サービスに関して、ASEAN諸国の中でも先進的な取り組みが進められている国です。
本セミナーは、マレーシア運輸省と共催し、現地の荷主・物流事業者・認証機関に対し、JSA-S1004の意義等について理解を醸成するため、日本政府や現地の日系物流事業者の取り組みを紹介するとともに、現地における認証体制の整備を図るため、昨年度に一般財団法人運輸総合研究所の検討委員会において策定した「JSA-S1004認証審査ガイドライン」について紹介します。また、マレーシア政府より、同国におけるコールドチェーン物流サービスに関する国家規格化の現状と見通しや関連施策の動向等について発表します。