沿革

昭和43年
(1968年)
10月
運輸省(当時)において「政策官庁への脱皮」が構想され、運輸・交通・観光に関する総合的調査機関の設立が急務であった中、産・官・学各界の支援のもと、「財団法人運輸経済研究センター」を設立
平成3年
(1991年)
2月
米国ワシントンD.C.に「ワシントン事務所」を設置
平成5年
(1993年)
9月
「ワシントン事務所」を改組し、「ワシントン国際問題研究所(JITTI USA)」を設置
平成7年
(1995年)
7月
「運輸政策研究所」を設置
平成10年
(1998年)
4月
「財団法人運輸政策研究機構」に改称
平成24年
(2012年)
4月
公益法人改革に伴い、一般財団法人に移行
平成28年
(2016年)
6月
「一般財団法人運輸総合研究所」に改称
令和3年
(2021年)
4月
「アセアン・インド地域事務所(AIRO)」をタイ王国バンコクに開設