これからの鉄道沿線における持続可能なまちづくりを考えるⅡ
~アフターコロナにおける大都市郊外部での沿線戦略~

  • 運輸政策セミナー
  • 総合交通、幹線交通、都市交通
  • 鉄道・TOD

第93回運輸政策セミナー
共催:一般財団法人運輸総合研究所
   一般社団法人日本民営鉄道協会

Supported by 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION

日時 2024/5/10(金)15:00~17:30
会場・開催形式 運輸総合研究所2階会議室 (及びオンライン配信(Zoomウェビナー))
開催回 第93回
テーマ・
プログラム
【開会挨拶】
佐藤 善信
一般財団法人運輸総合研究所 理事長

【問題提起】
「サステナブルな沿線まちづくりに向けた鉄道・TOD事業者の役割とは?」
太田 雅文
株式会社東急総合研究所 フェロー主席研究員
東京都市大学都市生活学部 非常勤講師

【事例紹介】
谷  貴文
西日本旅客鉄道株式会社地域まちづくり本部
交通まちづくり戦略部 沿線まちづくり部長

鈴木 昭彦
相模鉄道株式会社 営業部長

植村 優子
阪神電気鉄道株式会社沿線価値創造推進室 部長

内藤  誠
名古屋鉄道株式会社まちづくり推進部 企画担当課長

寺田  成
南海電気鉄道株式会社 グレーターなんば創造部 部長

【ディスカッション】
<モデレーター>
太田 雅文
株式会社東急総合研究所 フェロー主席研究員
東京都市大学都市生活学部 非常勤講師

上村 正美
阪急電鉄株式会社 専務取締役 都市交通事業担当

<パネリスト>
渡邉 浩司
一般財団法人民間都市開発推進機構 常務理事

ほか事例紹介登壇者

【閉会挨拶】
羽尾 一郎
一般社団法人日本民営鉄道協会 理事長        

※会場への来場参加につきましては、定員に達したため締め切りました。
オンライン視聴につきましては引き続きお申込みを受け付けております。

開催概要

 当研究所では「『これからの鉄道沿線における持続可能なまちづくりを考える』~ with/afterコロナのニューノーマル時代を迎えて」と題した第81回運輸政策セミナーをコロナ禍(2022年5月)において開催しました。その中では、人々の生活スタイルを含む行動変容が見通せない状況の中、鉄道事業者において「鉄道沿線のまちづくり」の実現、推進に取り組まれている各社のご担当の皆様から、施策の効果や課題について共有しました。
 今回は、前回とは異なる鉄道事業者をお招きし、人口減少が懸念される都市圏郊外部の地域をターゲットとした鉄道沿線まちづくりの施策のご紹介をいただきながら、前回にはなかったまち側の登壇者の視点やご意見を交えて、アフターコロナにおける今後の「鉄道沿線まちづくり」戦略について議論致します。
 本セミナーを通じて、持続可能なまちづくりに向けて、鉄道事業者を含めた様々な主体が連携するためのきっかけとなることを期待します。  

主なSDGs関連項目