みんなで実現する船のCO2削減
~新たな船舶燃料の導入に向けた国際動向の最前線と展望~

  • その他シンポジウム等
  • 海事・港湾

Supported by 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION

日時 2022/5/20(金)13:30〜16:30
会場・開催形式 オンライン配信及び会場(ベルサール御成門駅前) (※ベルサール御成門タワーではございませんので、お気を付けください。)
テーマ・
プログラム
みんなで実現する船のCO2削減
~新たな船舶燃料の導入に向けた国際動向の最前線と展望~


基調講演:「国際海運ゼロエミ化への新しい取り組み方(CO2削減に向けた海事分野の取組と課題)」
    大和 裕幸  国立研究開発法人海洋研究開発機構理事長
           横浜国立大学客員教授、東京大学名誉教授
講  演:「代替燃料LCA評価手法開発における我が国の取組等」
    大坪 新一郎 運輸総合研究所客員研究員
パネルディスカッション及び質疑応答:
 コーディネーター: 
    稗方 和夫  東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授
 パネリスト   :
    大和 裕幸  横浜国立大学客員教授、東京大学名誉教授
           国立研究開発法人海洋研究開発機構理事長
    大坪 新一郎 運輸総合研究所客員研究員
    赤松 健雄  伊藤忠商事株式会社プラント・船舶・航空機部門
           グリーン・イノベーション営業室 室長
    塩入 隆志  国土交通省海事局海洋・環境政策課環境渉外室 室長

開催概要

 気候変動問題は、今や単なる環境問題ではなく、産業の存続に係る重要な課題となっています。海運分野も例外ではなく、世界のサプライチェーン全体でのGHG削減には、海上輸送におけるGHG削減が不可欠であり、課せられた命題です。
 本セミナーでは、CO2削減に向けた海事分野の取組と課題に関する講演、海運分野における燃料の生産から船舶での使用までのGHG排出の計算評価手法であるライフサイクルアセスメント(LCA)に関する運輸総合研究所の調査研究の成果報告とともに、ディスカッションや質疑応答を通じて、利用者までをも含めた関係者間で問題意識の共有を図るとともに、今後の施策の展開について考察しました。

 (参考)昨年度、一昨年度の関連セミナー
 国際社会の脱炭素化を見据えた海運・航空分野の気候変動対策に関するシンポジウム2021/3/9
 JTTRI国際海運セミナー 新たな船舶燃料のライフサイクルアセスメント(2022/2/24)

プログラム

開会挨拶
宿利正史<br> 運輸総合研究所 会長

宿利正史
 運輸総合研究所 会長

開会挨拶

基調講演
大和裕幸<br> 国立研究開発法人海洋研究開発機構理事長	<br> 横浜国立大学客員教授、東京大学名誉教授

大和裕幸
 国立研究開発法人海洋研究開発機構理事長
 横浜国立大学客員教授、東京大学名誉教授


「国際海運ゼロエミ化への新しい取り組み方(CO2削減に向けた海事分野の取組と課題)」
講演資料
講演
大坪新一郎<br> 運輸総合研究所 客員研究員

大坪新一郎
 運輸総合研究所 客員研究員


「代替燃料LCA評価手法開発における我が国の取組等」
講演資料

.

パネルディスカッション

コーディネーター
稗方和夫<br> 東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授

稗方和夫
 東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授

パネリスト
大和裕幸<br> 国立研究開発法人海洋研究開発機構理事長	<br> 横浜国立大学客員教授、東京大学名誉教授

大和裕幸
 国立研究開発法人海洋研究開発機構理事長
 横浜国立大学客員教授、東京大学名誉教授

パネリスト
大坪新一郎<br> 運輸総合研究所 客員研究員

大坪新一郎
 運輸総合研究所 客員研究員

パネリスト
赤松健雄<br> 伊藤忠商事株式会社プラント・船舶・航空機部門<br>       グリーン・イノベーション営業室 室長

赤松健雄
 伊藤忠商事株式会社プラント・船舶・航空機部門
       グリーン・イノベーション営業室 室長


=ゼロエミッション船=
「舶用アンモニア燃料の統合型プロジェクト」実現に向けた取組、課題と今後の展開
報告資料
パネリスト
塩入隆志<br> 国土交通省海事局海洋・環境政策課環境渉外室 室長

塩入隆志
 国土交通省海事局海洋・環境政策課環境渉外室 室長


「国際海運のGHG削減のための日本政府の取組とIMOにおける議論の動向」
報告資料
閉会挨拶
佐藤善信<br> 運輸総合研究所 理事長

佐藤善信
 運輸総合研究所 理事長

閉会挨拶

当日の結果

symposium220520_pic00.jpg