東京圏の鉄道の中長期的課題への対応とコロナ禍に関するシンポジウム~人口と需要の動向を踏まえた沿線魅力の向上~

  • 総合交通、幹線交通、都市交通
  • 鉄道・TOD

(会場・オンライン併用開催予定)

Supported by 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION

主催 一般財団法人運輸総合研究所
日時 2021/7/5(月)13:30~18:00
会場(所在地) ベルサール御成門タワー (東京)
テーマ 長期的社会環境の変化とコロナ禍が東京圏の鉄道利用に及ぼす影響(仮)
講師 開会挨拶:宿利 正史 運輸総合研究所会長
来賓挨拶:藤井 直樹 国土交通省 国土交通審議官

基調講演:「長期的社会環境の変化とコロナ禍が東京圏の鉄道利用に及ぼす影響(仮)」
     森地  茂 政策研究大学院大学 客員教授 名誉教授

特別講演:「各鉄道事業者のコロナ禍の影響と対応(仮)」
     坂井  究 東日本旅客鉄道株式会社 常務取締役総合企画本部長
     城石 文明 東急電鉄株式会社 代表取締役副社長執行役員鉄道事業本部長
     野焼 計史 東京地下鉄株式会社 常務取締役鉄道本部長
     藤井 高明 西武鉄道株式会社 取締役常務執行役員鉄道本部長
     五十嵐 秀 小田急電鉄株式会社 常務取締役執行役員交通サービス事業本部長
     吉野 利哉 東武鉄道株式会社 常務執行役員鉄道事業本部長

研究成果報告
(1)「全駅乗降人員の変化に関する分析(駅カルテの分析)」
   白木 文康 研究員
(2)「ビックデータを活用した訪日外国人の観光行動と鉄道利用に関する分析」
   松岡 美沙子 研究員
(3)「東京圏の人口移動とその要因に関する分析(コロナ禍による移動もあわせ)」
   室井 寿明 研究員

全体講評:森地  茂 政策研究大学院大学 客員教授 名誉教授
閉会挨拶:佐藤 善信 運輸総合研究所理事長