九州におけるマルチモーダルモビリティサービス「my route」について  ~トヨタ・西鉄・JR九州によるMaaSの共創~

  • 運輸政策セミナー
  • 総合交通、幹線交通、都市交通
  • 新技術・イノベーション

第69回運輸政策セミナー
(オンライン開催)

Supported by 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION

日時 2021/3/19(金)15:00~17:00
開催回 第69回
テーマ 九州におけるマルチモーダルモビリティサービス「my route」について
 ~トヨタ・西鉄・JR九州によるMaaSの共創~
講師 阿部 政貴 西日本鉄道株式会社まちづくり推進部課長
間嶋 宏  トヨタファイナンシャルサービス株式会社モビリティサービスG
      兼 トヨタ自動車株式会社未来プロジェクト室主幹
木下 貴友 九州旅客鉄道株式会社総合企画本部経営企画部モビリティサービス推進室長
コメンテータ 長谷 知治 東京大学公共政策大学院特任教授

開催概要

トヨタ自動車、西鉄、JR 九州の3 社は、交通及び店舗・イベント情報のサービサー各社と協力し、2019 年よりマルチモーダルモビリティサービス「my route(マイルート)」を福岡市・北九州市で展開している。トヨタ自動車は、モビリティカンパニーを目指す取り組みの一環として「my route」の開発を行っており、西鉄及び JR 九州は、「my route」を活用した MaaS の推進、AI オンデマンド交通の展開、乗りつぎ利便性の向上など、持続可能な公共交通ネットワーク構築に向けた取り組みを行っている。
 本セミナーでは、トヨタ自動車による「my route」の取り組みとともに、長年競争関係にあった西鉄と JR 九州が、少子高齢化による需要減少、労働力の不足、新型コロナウイルスの影響などの逆境下で如何に「競争から協調」に転換したのか、全くの異業種であるトヨタ自動車と連携して、どのように MaaS に取り組んでいるのかについて、3 社から紹介しつつ、交通政策を専攻する東京大学公共政策大学院 長谷知治特任教授をコメンテータに迎えて議論を行うことを通じ、地域の交通に関わる幅広い事業者等が参画し、利用者にとって真に意味のあるMaaSを構築するための視座を得ることを目的とする。