米国における無人航空機政策の最新動向2021
~有人地帯における目視外飛行の拡大に向けて~(仮題)

  • 運輸政策コロキウム
  • 航空・空港
  • 新技術・イノベーション

第143回運輸政策コロキウム~ワシントンレポートXI~
(オンライン開催)

Supported by 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION

日時 2021/9/21(火)10:00-12:00
開催回 第143回
テーマ 米国における無人航空機政策の最新動向2021~有人地帯における目視外飛行の拡大に向けて~(仮題)
講師 講 師:藤巻 吉博 ワシントン国際問題研究所主任研究員
コメンテーター:鈴木 真二 東京大学未来ビジョン研究センター特任教授
<質疑応答>
コーディネーター:山内 弘隆 運輸総合研究所所長

開催概要

小型の無人航空機の商用及び公共用としての利用は、コロナ渦に関わらず拡大を続けている。また、これらの利用の拡大をサポートするため、無人航空機の運航に関する規則の改正、特に有人地帯における目視外飛行の拡大に向けた見直しが各国で進められている。本コロキウムでは、無人航空機の現状、これまでの規則の変遷と現在検討中のトピック、最近策定された規則の詳細、無人航空機を使用した事業や関連するプロジェクトの動向、そして今後の方向性について、米国の状況を中心として発表し議論を行う。