新型コロナウイルスが鉄道輸送と都市構造に及ぼす影響に関するシンポジウム

  • 総合交通、幹線交通、都市交通
  • 鉄道・TOD

(オンライン配信および会場参加の併用開催)

Supported by 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION

主催 一般財団法人運輸総合研究所
日時 2020/10/26(月)15:00~17:00
会場(所在地) ベルサール御成門タワー※人数限定 (東京)
テーマ 新型コロナウイルスが鉄道輸送と都市構造に及ぼす影響
講師 基調講演:森地 茂 政策研究大学院大学客員教授 名誉教授

パネルディスカッション:
コーディネータ:山内 弘隆 運輸総合研究所 所長
パネリスト  :太田 雅文 株式会社東急総合研究所 主席研究員・東京都市大学都市生活学部非常勤講師
        岸井 隆幸 一般財団法人計量計画研究所 代表理事・日本大学理工学部土木工学科 特任教授
        坂井  究 東日本旅客鉄道株式会社 常務取締役総合企画本部長
        城石 文明 東急電鉄株式会社 代表取締役副社長執行役員鉄道事業本部長
        野焼 計史 東京地下鉄株式会社 常務取締役鉄道本部長
        森地  茂 政策研究大学院大学 客員教授 名誉教授    (50音順)

開催概要

 コロナ禍の影響により、鉄道は、時差出勤、テレワーク等の大幅な拡大、更には失業・休業による需要の時間帯変化又は大幅な需要減に直面している。また、利用者の居住地の転換及び企業事務所の立地変更、本社事務所の縮小などについても、その萌芽が見られる。この傾向は、コロナが収束した後も、昨今の働き方改革や企業の生産性向上と相俟って、多少は元に戻るものの、コロナ感染拡大以前の状況と比較して相当進んだ形で常態化することが見込まれる。
 このため、個人及び事業者におけるこのような行動変容が、鉄道の利用需要や都市のあり方に与える影響を見極め、これらの相互作用も踏まえつつ、鉄道事業者による対応及び都市のあり方を含めた交通・地域施策を検討していくことが必要である。
 そこで、コロナが必ずしも収束していない時期ではあるが、行動変容の萌芽が観察されるこの時期に、このテーマに関して、現時点での情報共有と問題意識共有を図るための本シンポジウムを主催開催した。
  

プログラム

開会挨拶
宿利正史<br> 運輸総合研究所 会長

宿利正史
 運輸総合研究所 会長


開会挨拶
基調講演
森地 茂<br> 政策研究大学院大学客員教授 名誉教授

森地 茂
 政策研究大学院大学客員教授 名誉教授


「新型コロナウイルスが鉄道輸送と都市構造に及ぼす影響」

講演資料

パネルディスカッション

<コーディネータ>
 山内 弘隆
  運輸総合研究所 所長


<パネリスト>-発言順-

岸井 隆幸
 一般財団法人計量計画研究所 代表理事・日本大学理工学部土木工学科 特任教授
 講演資料 「with/after COVID-19


坂井  究
 東日本旅客鉄道株式会社 常務取締役総合企画本部長
 講演資料 「ウィズコロナ、ポストコロナに向けて


城石 文明
 東急電鉄株式会社 代表取締役副社長執行役員鉄道事業本部長
 講演資料 「コロナを踏まえた最近の状況等について(東急電鉄)

野焼 計史
 東京地下鉄株式会社 常務取締役鉄道本部長
 講演資料 「ポストコロナを見据えた東京メトロの取組みについて

太田 雅文
 株式会社東急総合研究所 主席研究員・東京都市大学都市生活学部非常勤講師
 講演資料 「with/afterコロナのTOD(鉄道とまちづくり)

森地  茂
 政策研究大学院大学 客員教授 名誉教授
閉会挨拶
佐藤善信<br> 運輸総合研究所 理事長

佐藤善信
 運輸総合研究所 理事長


閉会挨拶

当日の結果

201026_symposium-12.JPG


201026_symposium-11.jpg