「鉄道開業150周年を経て次の時代へ
  ~当研究所の鉄道関係研究調査を振返って」

  • 運輸政策セミナー

第88回運輸政策セミナー(会場参加及びオンライン配信)

Supported by 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION

日時 2023/2/7(火)14:00~16:30(予定)
会場・開催形式 運輸総合研究所2階会議室 (及びオンライン配信(Zoomウェビナー))
開催回 第88回
テーマ・
プログラム
【基調講演】
テーマ:「運輸総合研究所の鉄道関係の研究調査実績」
森地 茂  政策研究大学院大学 客員教授、名誉教授

【歴代研究所長による座談会】 ([]内は運輸政策研究所長としての在任期間)
中村 英夫 [1996年4月~2004年3月]
      東京都市大学名誉総長、(一社)日本プロジェクト産業協議会副会長
森地 茂  [2004年4月~2011年3月]
      政策研究大学院大学 客員教授、名誉教授
杉山 武彦 [2011年4月~2016年6月]
      一橋大学名誉教授
(モデレータ)
山内 弘隆 [2016年6月~]
      運輸総合研究所所長

開催概要

 当研究所は、1968年の運輸経済研究センターとしての設立以来、鉄道の整備・発展やそのための政策検討に役立つ数多くの研究調査を実施してきた。また、最近では、グローバルで普遍的な課題として、脱炭素社会に向けて、あるいは包摂性やウェルビーイングの実現、QOLの向上などに向けて、鉄道などの公共交通がどう応えていくか、ということも重要な課題と位置付けて、研究調査活動に取組んでいる。
 鉄道開設150周年を迎えたこの時期に、当研究所のこのような研究調査実績を振返りつつ、当研究所に対する今後の課題や期待について、歴代研究所長による議論を通じて、探る。