アメリカ航空産業の現状と今後の展望/欧米空港における顧客体験向上に向けた取組の先進事例

第151回運輸政策コロキウム ワシントンレポートⅩⅤ(オンライン開催)

Supported by 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION

日時 2022/6/22(水)10:00~12:00
開催回 第151回
テーマ・
プログラム
アメリカ航空産業の現状と今後の展望/欧米空港における顧客体験向上に向けた取組の先進事例
講師 講  演:中川 哲宏 ワシントン国際問題研究所 次長
     萩原 徹大 ワシントン国際問題研究所 研究員

コメント:山内 弘隆 一般財団法人運輸総合研究所 所長
     生沼 深志 東京国際空港ターミナル株式会社 施設部長

ディスカッション
 コーディネーター:山内 弘隆 一般財団法人運輸総合研究所 所長

開催概要

世界中の航空市場が依然として新型コロナウイルス感染症による影響に苦しむ中、アメリカの航空市場は他地域に先駆けてコロナ禍からの本格的な回復を実現しつつある。コロナ禍発生以降のアメリカ航空市場の足跡をたどり、今後の行く末を見通すことは、日本が将来コロナ禍からの本格的な回復戦略を取る際の一助になるものと考える。  本報告では、まず第1部で、ワシントン国際問題研究所が毎年定点観測的に実施しているアメリカ航空産業の需給状況等に関する調査結果を基に、アメリカ航空市場のコロナ禍からの回復状況とその過程における政府・航空企業の対応について解説する。これに加え、同国で争点となりつつある航空業界の競争環境の問題を紹介し、今後の展望を議論する。  次に、第2部で、コロナ禍を通じて、タッチレスや密回避などの観点からその重要性が改めて認識されることとなった空港における顧客体験向上に向けた取組について、まず、生体認証による搭乗プロセスや人工知能を活用した保安検査など、欧米空港における先進事例を紹介する。次に、日本における取組状況を紹介した上で、今後の課題や見通しについて議論する。