ASEAN航空市場の現状と今後(仮題)

  • 航空・空港

第1回AIROビジネスセミナー(仮題、オンライン配信)

Supported by 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION

日時 2021/12/10(金)15:00~17:00(予定)
テーマ ASEAN航空市場の現状と今後(仮題)
講師 第1回AIROビジネスセミナー(仮題、オンライン配信)
日  時:2021年12月10日(金)15:00~17:00(予定)
会  場:オンライン(Zoomウェビナー)
テ ー マ:ASEAN航空市場の現状と今後(仮題)

1.特別報告:新型コロナウイルス感染症に関するASEAN地域の概況
報告者:山下 幸男 アセアン・インド地域事務所 主任研究員兼次長
2.講演及びコメント
テーマ(1):ASEAN航空市場における当社の現状と今後
講 師:神田 真也 全日本空輸株式会社 アジア・オセアニア室長兼シンガポール支店長
テーマ(2):新型コロナ影響下におけるアジア航空市場の状況と当社の取組み
講 師:畠山 隆久 日本航空株式会社 アジア・オセアニア地区支配人
コメンテーター:藤村 修一 一般財団法人運輸総合研究所客員研究員
           全日本空輸株式会社常勤顧問
3.パネルディスカッションおよび質疑応答
コーディネーター:山内 弘隆 一般財団法人運輸総合研究所所長
パネリスト:講演者・報告者、コメンテーター
4.全体講評
  山内 弘隆 一般財団法人運輸総合研究所所長

開催概要

新型コロナウイルス感染症が世界中でまん延し、国内外における移動制限の措置が取られたことで世界の航空会社はかつてない需要減に直面した。特に国際線への影響は今なお世界的に継続しているため、破綻に追い込まれる航空会社も出てきており、ASEAN地域も例外ではない。 本セミナーでは、我が国を代表する二大航空会社のアジア・オセアニア地区代表及び在AIRO研究員とオンラインでつなげ、在京の弊所客員研究員とともに、ASEAN地域における航空会社の上記感染症の影響や対応、各国政府等の政策対応や我が国政府への要望、さらには航空復興に向けた取組みなどについて現地から紹介する。また、これら講演者等のディスカッション及び視聴者を交えた質疑応答において、乗り越えるべき課題など幾つかの視点から議論を展開する。