鉄道事業におけるカーボンニュートラル(脱炭素社会)に向けた取組み(仮)

  • 運輸政策セミナー
  • 鉄道・TOD
  • 安全・セキュリティ・防災・環境

第73回運輸政策セミナー(会場・オンライン併用開催予定)
※第72回から変更になりました。

Supported by 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION

日時 2021/6/30(水)15:00~17:30
会場(所在地) ベルサール御成門タワー (混雑を避けるため人数が限定されますので ご希望に添えないこともございます。)
開催回 第73回
テーマ 鉄道事業におけるカーボンニュートラル(脱炭素社会)に向けた取組み(仮)
講師 1.基調講演
「カーボンニュートラルを巡る動向~気候変動リスクとサステナビリティ経営~」
 講師:吉高 まり
   三菱UFJリサーチアンドコンサルティング企画管理部門副部長/
   プリンシパル・サステイナビリティ・ストラテジスト

「JR東日本グループ「ゼロカーボンチャレンジ2050」の取組み」
 講師:笠井 浩司   東日本旅客鉄道株式会社 経営企画部次長

「阪急阪神ホールディングスグループにおけるサステナビリティ推進の取組」
 講師:相良 有希子 阪急阪神ホールディングス株式会社
            サステナビリティ推進部課長

「鉄道分野におけるカーボンニュートラルに関連する技術について(仮)」
 講師:近藤 圭一郎 早稲田大学理工学術院教授 


3.パネルディスカッション及び質疑
コーディネーター:山内 弘隆  一般財団法人運輸総合研究所所長
パネリスト:講演者

開催概要

日本政府は昨年10月、2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする「2050年カーボンニュートラル」の実現を目指すことを表明しました。これまで、鉄道は、地球環境に優しい交通手段と言われて久しいですが、鉄道事業としても更なる取り組みが必要であると考えられます。
そこで、本セミナーでは、吉高講師より最近の脱炭素の動向と交通事業者を含めた企業にとってのリスクとビジネス機会についてのESG投資の観点からご講演を、近藤講師からは鉄道分野における最新のカーボンニュートラルの技術を、笠井講師、相良講師からは鉄道事業での実際の取り組み事例をご紹介いただきます。これらの講演を踏まえ、今後どのような取組みが期待されるかなど、議論をしていきます。