公共交通における自動運転-社会実装のための課題と期待(仮)

  • 運輸政策セミナー
  • 総合交通、幹線交通、都市交通
  • 新技術・イノベーション

第71回運輸政策セミナー(オンライン開催)

Supported by 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION

日時 2021/5/14(金)15:00~17:30
開催回 第71回
テーマ 公共交通における自動運転-社会実装のための課題と期待(仮)
講師 1.講演
講 師:佐藤 典仁 森・濱田松本法律事務所パートナー
    小木津武樹 群馬大学次世代モビリティ社会実装研究センター副センター長

2.コメント
コメンテーター:鎌田  実 一般財団法人日本自動車研究所代表理事・所長

3.パネルディスカッションおよび質疑応答
コーディネーター:山内 弘隆  一般財団法人運輸総合研究所所長
パネリスト   :講演者およびコメンテーター

開催概要

昨今、自動運転の実用化に向けて、バス等の公共交通においても実証実験が各地で実施されています。公共交通における自動運転は、過疎地域の交通確保やドライバー不足の解消などが期待されています。今回のセミナーでは、自動運転を巡る法務現状等について確認した上で、公共交通機関における自動運転の実証実験の状況等を概観し、社会実装のための課題と期待される効果について考えます。