米国における「空飛ぶクルマ(Urban Air Mobility)」の実現に向けた取組み

  • 運輸政策コロキウム
  • 航空・空港
  • 新技術・イノベーション

第140回運輸政策コロキウム~ワシントンレポートⅧ~

Supported by 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION

日時 2021/1/27(水)10:00~12:00
開催回 第140回
テーマ 米国における「空飛ぶクルマ(Urban Air Mobility)」の実現に向けた取組み
講師 講 師:藤巻 吉博 ワシントン国際問題研究所主任研究員
コメンテータ:鈴木 真二 東京大学未来ビジョン研究センター特任教授
<質疑応答>
モデレータ:山内 弘隆 運輸総合研究所所長

開催概要

商用利用が拡大しているドローン(無人のマルチコプター)に続き、「空飛ぶクルマ(Urban Air Mobility)」の実現に向けた開発や環境整備が各国で進みつつある。本コロキウムでは、「空飛ぶクルマ(UAM)が実現するメリットとその実現に向けた課題、安全性やセキュリティそして社会的受容の課題に対する取組み、ベンチャー系企業などにおける開発の状況、そして「空飛ぶクルマ(UAM)」の早期の実現に向けたプロセスについて、米国の状況を中心として発表し議論を行う。