持続可能な地域観光政策

  • 観光

研究期間:2018 -

ヌエンヴァンチューン

研究概要

インバウンド観光客と国内の地域間旅行者の急増は、観光地に大きく貢献している。 一方で、観光地における旅行者の増加は、騒音の発生、大型荷物による公共交通車両の占有、ゴミの発生、遺産への過大な負荷といった負の影響も増加させ、これは持続不可能な観光の要因となる。 そこで、京都市の持続可能な観光に関する現状を調査し、そうした負の影響の緩和を目指した政策の効果、そうした政策が観光客の満足度や再訪意向へ与える影響を検証することを目的に研究を実施した。