我が国における地域公共交通等の新たな地域経営手法を考える
~ドイツにおける「シュタットベルケ」の分析~

  • 運輸政策セミナー

第84回運輸政策セミナー(オンライン開催及び会場参加)
主催:運輸総合研究所
共催:国土交通省国土交通政策研究所

Supported by 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION

日時 2022/7/8(金)13:00~15:00
会場・開催形式 運輸総合研究所2階会議室 (及びオンライン開催(Zoomウェビナー))
開催回 第84回
テーマ・
プログラム
講演:「地域における公共的サービスの財政効率的管理運営手法-ドイツのシュタットベルケを参考に-」
 小谷将之  前国土交通省国土交通政策研究所 客員研究官
      (現公益財団法人日本住宅総合センター研究部 主任研究員)

コメント:
 諸富 徹  京都大学大学院 経済学研究科 教授
 土方まりこ 一般財団法人交通経済研究所 調査研究センター 主任研究員

パネルディスカッション・質疑応答
コーディネータ‐:
 山内弘隆  運輸総合研究所 所長
パネリスト:
 講演者及びコメンテータ

閉会挨拶:
 藤﨑耕一  国土交通省国土交通政策研究所長

開催概要

 人口減少・高齢化社会における厳しい財政環境において、地域住民の生活の質(QOL)を支える包摂的な(inclusive)公共・公益的サービスを維持するために、地球環境と事業性の両面を踏まえた持続可能な仕組みが必要である。このためには、地域の利用可能な資源をできる限り包括的に活用する仕組みが考えられ、実際に欧州、特にドイツの各地域では、地域公共交通を含む複数の公共・公益的なサービスを提供する、市町村等出資の企業体である「シュタットベルケ」※が、エネルギー分野等収益性の高い事業と、単体では赤字に陥りやすい公共交通事業など多様な公共・公益的サービスの包括的な管理・運営を行い、公益的サービスの維持と地球環境面での持続可能な地域づくりに貢献している。

※一般に、自治体を主な出資者とし、私法上の会社として設立される公営事業体で、電気・ガス・熱供給・水道・公共交通等様々な公共的サービスを包括的に提供する例が多数有り。

 本セミナーでは、国土交通省国土交通政策研究所における調査研究を踏まえて、シュタットベルケの特徴、日独制度比較等を基に、地域公共交通等の地域の公共・公益的サービスの持続性を高める新たな地域経営手法の導入に向けた議論を行う。