第2回TTPUセミナー「持続可能な新しいモビリティの実現方策について」

  • 新技術・イノベーション

(会場・オンライン併用開催予定)※会場は150名まで
※新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、オンライン配信のみに変更になる可能性があります

Supported by 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION

主催 【主催】
東京大学公共政策大学院
【共催】
一般財団法人運輸総合研究所
一般財団法人日本みち研究所
日時 2021/2/15(月)15:00~17:30
会場(所在地) ベルサール御成門タワー3Fホール (東京)
テーマ 持続可能な新しいモビリティの実現方策について
講師 主催者挨拶:大橋  弘 東京大学公共政策大学院 院長
挨   拶:宿利 正史 一般財団法人運輸総合研究所 会長、
            東京大学公共政策大学院 客員教授
基調講演1:『持続可能な地域公共交通の実現と日本版MaaSの推進』
      久保田雅晴 国土交通省 公共交通・物流政策審議官
基調講演2:『地域公共交通の新たな挑戦と課題 ~運輸総合研究所調査から見えてきたもの~』
      石田 東生 筑波大学 名誉教授、
            一般財団法人日本みち研究所 理事長
講  演1:『交通成熟国における新しいモビリティサービスの導入』
      松本  順 みちのりホールディングス 代表取締役グループCEO、
            株式会社経営共創基盤取締役共同経営者
講  演2:『New normalに必要なmobility service』
      村瀨 茂高 WILLER株式会社 代表取締役

パネルディスカッション:『持続可能な新しいモビリティの実現方策について』
モデレーター:石田 東生 筑波大学 名誉教授、一般財団法人日本みち研究所 理事長
パネリスト:河田 敦弥 国土交通省 総合政策局モビリティサービス推進課長
      谷口 綾子 筑波大学大学院システム情報工学研究科 教授
      松本  順 みちのりホールディングス 代表取締役グループCEO、
            株式会社経営共創基盤取締役共同経営者
      村瀨 茂高 WILLER株式会社 代表取締役

閉会挨拶:長谷 知治 東京大学公共政策大学院 特任教授

開催概要

※詳細は下記、東京大学公共政策大学院HPをご参照ください。

http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/events/2020-12-28-28109/

 テクノロジーを駆使した新しいモビリティサービスは、各地域が抱える交通の課題解決に貢献するとともに、人々のライフスタイルやまちづくりを変革するポテンシャルをもっており、既に国内においてもさまざまな新しいモビリティサービスの検討や実証実験が進められています。また、2020年初からの新型コロナウィルス感染症のパンデミックにより、人々の価値観やライフスタイルが変容し、移動行動も大きく変わりつつある中で、新しいモビリティサービスへの期待や求められる役割が一層高まっています。
 東京大学公共政策大学院交通・観光政策研究ユニット(TTPU)では、新しいモビリティサービスのあり方を重要なテーマとして捉え、2020年2月に第1回TTPUセミナーを開催し「新しいモビリティサービスの実現に向けて~日本版MaaSを利用者目線で検証する~」と題して新しいモビリティサービスの役割や期待について議論しました。
 また、当ユニットと連携協定を締結している一般財団法人運輸総合研究所では、同財団理事で一般財団法人みち研究所理事長の石田東生筑波大学名誉教授を座長に、「新しいモビリティサービスの実現方策検討委員会」を設置し、新しいモビリティサービスに関する研究を進めています。
 今回、第2回TTPUセミナーにおいては、昨今の社会経済情勢の変化やモビリティをめぐる国内外の動向を踏まえ、新しいモビリティサービスを、実証実験段階を超えた実サービスとして持続可能な形で定着させる方策について、上記検討委員会とも連携し、この分野をリードする有識者、経営トップや政策担当者を迎えて議論します。