ワクチンパスポート・トラベルパスを巡る最新の動向

  • 運輸政策セミナー

第72回運輸政策セミナー(オンライン開催)

Supported by 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION

日時 2021/6/25(金)10:30~12:30
開催回 第72回
テーマ ワクチンパスポート・トラベルパスを巡る最新の動向
講師 1.特別報告:新型コロナウイルス感染症に関する米国の現状
報告者: 中川 哲宏 ワシントン国際問題研究所次長

2.講演
テーマ(1)パンデミックにおける海外渡航のリスク対策
講 師: 大越 裕文 一般社団法人日本渡航医学会理事

テーマ(2)コモンパス等のデジタル健康証明書の現状
講 師: 藤田 卓仙 世界経済フォーラム第四次産業革命日本センタープロジェクト長
           慶應義塾大学医学部特任准教授

テーマ(3)航空業界の視点から見たデジタル健康証明とその統合的ソリューション
講 師: 藤村 修一 一般財団法人運輸総合研究所客員研究員
           全日本空輸株式会社常勤顧問

3.パネルディスカッションおよび質疑応答
コーディネーター:山内弘隆 一般財団法人運輸総合研究所所長
パネリスト:講演者・報告者

開催概要

新型コロナウィルス感染症のワクチン接種を証明する「ワクチンパスポート」やPCR検査による陰性等を証明する「トラベルパス」については、特に国際間移動時の手続円滑化に大きく資するため、EUの7月1日制度化等欧米で取組が進んでおり、我が国でもワクチンパスポートの政府内検討や大手航空会社参加のトラベルパス実証実験等が行われている。
しかしながら、国内での使用等に関しワクチン未接種者差別につながる等の懸念や、システムの正確性・互換性確保等の課題は内外で残されており、特にワクチン接種や安価・手軽な検査が普及途上にある我が国においては、一般の企業や国民レベルでの情報の共有やオープンな検討・議論が十分になされているとは言えない状況である。
そこで、本セミナーでは、中川次長より米国の最新状況報告を受けるとともに、大越講師よりワクチン・PCR検査と国際間移動の現状等について、藤田講師よりICTを用いた「デジタル健康証明書」の最新状況について、藤村講師より航空業界の視点からの最新の対応と見解についてそれぞれご講演いただき、これらを踏まえ、今後予想される動きやあるべき姿について議論を行うこととする。