コロナ禍におけるタイの観光の現状と我が国のインバウンド観光復活に向けた示唆
~コロナ鎖国を打ち破り、国を再び開くということ~

  • 運輸政策コロキウム
  • 観光

第144回運輸政策コロキウム バンコクレポート
~スタートアップシリーズその1~(オンライン開催)

Supported by 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION

日時 2021/10/15(金)13:30~15:30
開催回 第144回
テーマ コロナ禍におけるタイの観光の現状と我が国のインバウンド観光復活に向けた示唆
~コロナ鎖国を打ち破り、国を再び開くということ~
講師 講  師:澤田 孝秋 運輸総合研究所アセアン・インド地域事務所次長 主任研究員
コメンテーター:長谷川 保宏 帝京大学経済学部観光経営学科 教授
<ディスカッション>
コーディネーター:山内 弘隆 運輸総合研究所所長

開催概要

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が猛威を振るう中、日本を含む世界の観光産業は大きな痛手を受けており、東南アジアを代表する観光立国であるタイも例外ではない。本コロキウムでは、タイにおけるCOVID-19のパンデミックによる影響、COVID-19へのタイ政府の対応状況とともに、COVID-19収束後のインバウンド観光復活に向けたタイの取組みを、タイにアセアン・インド地域事務所を今年開設した運輸総合研究所ならではの視点から紹介する。併せて、タイのユニークな取組事例等を踏まえつつ、今後日本がインバウンド観光復活を目指す上でのヒントや視点を提供する。

プログラム

開会挨拶
宿利 正史<br> 運輸総合研究所 会長

宿利 正史
 運輸総合研究所 会長

講   師
澤田 孝秋 <br> 運輸総合研究所アセアン・インド地域事務所次長 主任研究員

澤田 孝秋 
 運輸総合研究所アセアン・インド地域事務所次長 主任研究員

コメンテーター
長谷川 保宏<br> 帝京大学経済学部観光経営学科 教授

長谷川 保宏
 帝京大学経済学部観光経営学科 教授

ディスカッション

<コーディネーター>
山内 弘隆 運輸総合研究所 所長