米国都市部におけるMOD/MaaSをめぐる動向

  • 運輸政策コロキウム

第139回運輸政策コロキウム ~ワシントンレポートⅦ~
(オンライン開催)

Supported by 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION

日時 2020/12/17(木)10:00~(最大2時間)
開催回 第139回
テーマ 米国都市部におけるMOD/MaaSをめぐる動向
講師 講師:宮本 大輔 ワシントン国際問題研究所研究員

コメンテータ:加藤 浩徳 東京大学大学院工学系研究科教授、
          運輸総合研究所 研究アドバイザー

<質疑応答>
モデレータ:山内 弘隆 運輸総合研究所所長

開催概要

米国では、近年、モビリティ・オン・デマンド(Mobility On Demand: MOD)という人とモノの両方を対象として、その移動およびシステム管理のあり方を包括的に変えていこうとする考え方に基づき、モビリティ・アズ・ア・サービス(Mobility as a Service: MaaS)をはじめ、さまざまな取り組みが全米の自治体で進められている。米国連邦運輸省(Department of Transportation: DOT)はMODを、「誰もが利用できる、安全で、価格も手頃で、信頼性の高い交通サービスの様々な選択肢を、統合・接続したマルチモードの交通ネットワーク」と定義しており、その対象範囲は大都市圏、大都市周辺の近郊都市、周辺都市、準郊外都市、地方のそれぞれの環境にあった発展が期待できると考えている。
 本報告では、米国においてMOD /MaaSへの関心を高めたとされる「モビリティ・セクターを取り巻く潮流」を俯瞰しやすい都市部に焦点をあて、その現状と課題について分析する。